コラム

解体工事における事故防止の行政指導基準とは

≪エコ解体工事における行政の危害防止対策≫

解体工事は重機などを使うために、作業においてはどうしても危険が伴います。
エコ解体を行う業者は、工事の際に事故が起きないよう対策を講じ、細心の注意を払って作業を行なっています。

業者による自主基準の安全対策と同時に、行政でも事故防止を図るための行政指導基準を設けています。
その一つ目の労働安全衛生法は、職場における労働者の安全と健康を守り、労働災害を防止することを目的とする法律です。
安全衛生管理体制や、労働者を危険や健康障害から守るための措置、機械や危険物・有害物に関する規制、労働者に対する安全衛生教育、労働者の健康保持増進措置などについて定めています。

二つ目の労働安全衛生規則は、労働の安全衛生について決めた行政の規則で、アスベストに関する飛散防止の強化、解体工事で使用する機械が規制対象となっていることなどが記載されています。
これらの法律を守ることは、解体工事での事故を未然に防ぐのはもちろんのこと、従業員の安全と健康を守り、適正な仕事ができる体制づくりにもつながります。

≪安全対策の万全な解体業者に依頼する≫

解体工事をすることになったら、業者選びが重要になってきます。
その場合は、万全の安全対策を講じている解体業者を選ぶようにしましょう。

解体工事に際しては、どんなに注意を払っていても、重機を使うことによるリスクがありますし、何らかのトラブルや事故が起きる可能性をゼロにすることは、残念ながらできません。
安全対策が万全な解体業者であれば、トラブルが起きるリスクを最小限にとどめることができるだけでなく、万が一トラブルが起きた場合も迅速な対応ができます。

解体工事業者の中にも、安全対策が不十分なまま作業を行なっている業者が存在しますが、万が一の重大な事故を引き起こしてからでは取り返しがつきません。
解体工事を依頼するときは、事前に事業方針をよくチェックし、誠実な業者を慎重に選ぶようにしましょう。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ