コラム

解体工事で起こりがちな事故の種類

≪エコ解体工事の事故事例≫

エコ解体工事は、人や環境への負担を軽減する解体工事の方法です。
建物を壊して更地にするという作業を行う際は、事故やトラブルが起きないよう細心の注意を払う必要があります。
事故防止のために、徹底した安全管理の下で作業が行われるのです。

安全面に十分に配慮して作業するエコ解体ですが、それでも事故が絶対に起きないとは言い切れません。
例えば、エコ解体でも使用する重機による事故があります。 s重機は大きなものを壊したり、廃棄物を運んだりするのに役立ちますが、わずかな操作ミスで周囲の人を巻き込む危険性があるのです。

操作ミスによって重機本体が転倒した場合は、操縦者だけでなく周囲の人も巻き込むような重大な事故につながってしまいます。
また、建物の地下にはガス管や水道管などが埋設されているので、これらを損壊させずにエコ解体工事を進めていかなければなりません。

しかし万が一、工事のミスで水道管を破損させた場合、周辺一帯が水びたしという状況を引き起こしてしまうでしょう。
さらにガス管を破損させた場合は、ガス爆発や引火による火災など、いっそう危険性が高まります。

≪近隣周辺への安全対策を徹底する≫

解体工事の際には、業者は近隣の人への安全対策を行うことが必須です。
解体工事をするときには細心の注意を払って近隣の人に危険や迷惑が掛からないようにしなければなりません。

もちろん、近隣周辺での事故やトラブルを防ぐためには、業者側も日頃から安全対策を講じておく必要があります。
工事現場にはガードマンを配置し、通行人や通行車両を安全に誘導するなどで、事故を回避することができます。

解体中は、ホコリが飛散しないようブルーシートなどを使って覆うことも必要です。
解体工事を行うときには、起こる可能性のある事故を未然に防ぐため、きちんと対策をとることが重要なのです。

解体工事が必要なときは、事故やトラブルに対して万全の対策を講じている、信頼できる専門業者に依頼することが大切です。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ