コラム

エコ解体の工事前にやっておくべきこと

≪エコ解体のメリットとは≫

老朽化して住まなくなった住宅は早期に解体しないと倒壊の危険があったり、火災などのリスクが高くなったりします。早期に対処することが大切ですが、実際にはなかなか作業が進まないことも多くあります。

しかし、解体作業には費用が掛かる上、近隣への迷惑なども考慮しないとなかなか行えないといった側面があります。しかも、解体される際の廃材は産業廃棄物として処理されるため、その処理にも多くの費用が掛かるため、空き家になってもなかなか解体されないという現象も発生しています。

エコ解体に於いてはこのような解体の際のデメリットを減らす為に、様々な方策を用いています。 工事前には近隣への配慮を考慮した解体の方法を十分に検討するほか、廃材の再利用についても十分に検討して、適切に準備を行います。

さらに、工事前に近隣への挨拶と工事による影響を確認し、その影響を最小限に抑える作業の方法を立案し実施します。 エコ解体のメリットは金銭的な面だけでなく、周辺の環境にも十分配慮した上での解体工事を重要な目的としています。

≪エコ解体の工事前にするべきこととは≫

エコ解体を行う前には、近隣の状況を確認し解体作業の影響を把握することが大切です。 解体作業を行う際には騒音や粉じんなどの問題が付いて回るため、その影響を与えないように最大限の配慮が必要になるためです。

しかし、解体工事の影響を事前に確認することはなかなか難しい物で、その影響を把握することが困難であるため、一般的には工事前の挨拶を兼ねて影響度などを確認するとともに、近隣の住宅などの状態を客観的に確認しその影響度を調査することが大切になります。

また、解体を行う際の廃材の再利用についても十分に考慮する事が大切です。 再利用を行う事を考慮して解体の手法を決定することになるため、工事前に再利用する材料の確認や解体の方法などを十分に相談し決定しておく必要があります。解体時に再利用出来るような状態で行わないと再利用できない恐れがあるためです。

エコ解体は費用負担を軽減するとともに、廃材を再利用する為に解体方法に工夫を行って解体を行う方法です。その為、エコ解体を行う際には工事前にその方法を十分検討して決定しておくことが必要です。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ