コラム

地球温暖化を防止するエコ解体

≪家屋の解体に伴う地球温暖化≫

地球温暖化は、二酸化炭素が増えすぎることによって地球の平均気温を上げてしまうことを言います。

今後100年で気温は1.4℃~5.8℃も上昇すると言われており、そうなると氷河の氷が溶けて海水面が上昇し、 海抜が低い土地は水没してしまいます。

現代の生活に欠かせない電気は、石油や石炭を燃やして作り出していて、二酸化炭素を排出しています。
電気を使用する以上、二酸化炭素の排出、地球温暖化は防げませんが、少しずつ「省エネ」にシフトしていくことによって 地球温暖化のスピードを遅らせることはできるでしょう。

よく聞かれるのが、エアコンの設定温度、電気コンセントを差しっぱなしにしない、
ゴミを分別する、自動車になるべく乗らない、などです。

電気の使用量を抑えることももっともですが、特に注目したいのがゴミの分別です。
物を燃やすと二酸化炭素が排出されますが、家屋の解体に際しては、やがて焼却処分することになるゴミを大量に排出することになるのです。

≪地球温暖化を防ぐ解体とは≫

家屋を解体すると、大量の古木がゴミとなります。
そのゴミは、自治体の費用、つまり税金によって処理されることがあります。

燃やしてしまうことで二酸化炭素を排出して地球温暖化を促し、税金も使うとなれば、より省エネで地球環境保全に貢献できるエコ解体を検討する方が賢明でしょう。

エコ解体を推進している企業や、古民家鑑定士は、解体家屋をすべてゴミとして廃棄してしまうのではなく、分別して使える古木を建築資材として次に活かしたり、鑑定によって買い取れる品を買い取ることで、広い意味での環境活動に貢献しています。

ゴミの種類によっては、廃棄処分する方が費用が高くついてしまう場合もありますが、エコ解体は特別な費用が別途かかるわけではありません。

家屋の解体をお考えの方は、エコ解体を行っている専門業者に相談してみることをおすすめします。
もちろん、エコ解体でも見積りやデメリットなどの説明を十分に受けた上で、あらためて契約となります。
節電やゴミの分別と同じように、家屋の解体方法に向き合って考えれば、地球にも家計にもやさしい解体工事になるはずです。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ