コラム

解体後の整地も任せて安心のエコ解体

≪整地が必要な場合とは≫

住宅を解体する場合、その目的は様々です。
例えば、都会で多いのが駐車場にすることです。

新たに住宅を建てても住む人がいない場合や、住宅もアパートやマンションを建てるほどの面積がない場合、思い切って駐車場にしてしまった方がお金がかからずに、はじめから損の少ない投資になります。

一方、いったん整地にしてから住宅を建てる場合も多くあります。
例えば、建物がすでに古く、建てなおさなければ住むことができない場合です。

あるいは、全面リフォームするよりも建て直しをした方がお金がかからない場合もあります。 その場合もやはり解体して新たに建物を建て直した方が良いでしょう。

解体の方法は、従来の方法もありますが、エコ解体という方法があります。
エコ解体の特徴は、従来の解体の場合と異なり、利用できる物は利用することです。

今までは、解体した物をすべて産業廃棄物として捨てていました。
ですがエコ解体の場合は、利用できる物は再利用する考え方です。

これにより、費用を抑えて解体することが可能になります。

≪エコ解体で整地をする必要性≫

整地にする場合は、その土地に新たに建物を建てる場合になりますが、この場合、意外と手間がかかります。 具体的には、基礎部分をすべて元通りに戻さないと行けないのです。

例えば、基礎のコンクリートがある場合は、すべて重機でコンクリートを壊して更地にします。 地震が来たときのために杭が打ってある場合がありますが、これは、次に住む人の選択によって異なります。

もし、杭を新しく入れ替える場合には、その部分をすべて取り出さないといけません。 もっとも、よほどの理由がない場合でなければ、杭を取り外すことはないでしょう。

地面に落ちているゴミは当然として、ガラスの破片なども丁寧に拾っていきます。 最後に地ならしをすれば整地が完成です。
この場合、普通の解体工事よりも時間と手間がかかるため、費用は割り増しとして余分にかかってしまいます。 そこで、少しでも出費を抑えるために、エコ解体を利用するほうがいいでしょう。

駐車場を作ったり、土地を売る場合に、解体撤去と整地をまとめて行い、コストダウンを図りましょう。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ