コラム

コラム | 火災現場の撤去作業にも対応OKのエコ解体技術

≪火災現場を解体する必要性≫

住宅を解体する場合には、できるだけ安い費用で解体したいと考える人が多いはずです。これから何かを作るのであればそれ相応のお金を払っても良いかもしれませんが、これから壊すものに対してお金を払いたくない、と思うのが普通ではないでしょうか。

そこで、できるだけお金をかけずに解体する方法もあります。
それがエコ解体です。

エコ解体は、解体したものを全て廃材として捨ててしまうわけではなく、再び使えるものは再利用することでゴミが減り、処理するお金も安くなることから、結果的に解体費用を安くすることが可能になるのです。

エコ解体は、一般的な住宅から工場、倉庫まで様々な建物を解体することが可能です。
それだけでよく、火災現場などでも解体することが可能なのです。

一般的に、火災現場は全焼してしまった場合を除けば、なんらかの建物は残っているはずです。
その建物の残りの部分だけでも解体して使えるものを使うようにすることで、解体費用を安くすることができます。

≪火災現場でエコ解体をする時の問題点≫

火災現場をエコ解体する場合、いつかはやらないといけないと思いつつ、先延ばしにしてしまう傾向があります。
確かに建物を失った時の財産的なダメージと精神的なダメージの両方がありますので、なかなか立ち直れないのが普通です。

しかも、解体するのにお金がかかるとすれば、踏んだり蹴ったりでしょう。
ですが、火災現場は臭いが残りますので、いつまでもそのままにしておくわけには行きません。

ボヤだった場合を除いては、できるだけ早急に解体をする必要があるのです。
火災現場の解体は、一般的な住宅とは違いいくつか問題点があります。

例えば、火災によって匂いがついてしまう場合が考えられます。
直接燃えていない周辺近所の家でも、1週間ぐらいは臭いが消えないのが普通です。

その際、そのまま使えるものを臭いがついた状態で再利用すると、何らかのクレームが発生するに違いありません。
そこで、検査をするために、サンプルを持ち帰り、問題がなければそのままエコ解体のシステムに沿って再利用することができます。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ