コラム

コラム | 解体作業につきものの近隣トラブルも防ぐエコ解体

≪エコロジー・エコノミーに配慮した解体処理とは≫

建物などの解体作業を行う場合は、近隣や通行人そして通行車両に対する安全に配慮しなくてはなりません。

特に近隣に対しては騒音や振動に対する規制法を順守して、迷惑をかけないように作業を進めなくてはなりません。 また解体作業を進めるうえでリサイクル法や廃棄物処理法に基づいて、エコロジーやエコノミーを考えたエコ解体を実践すべきです。

エコ解体と言う視点と近隣への配慮を考えると、解体作業に使用する重機類についても低騒音で低排気のものを使用する事も大切です。 解体工事と言うと建物や工作物を壊して廃棄するイメージがありますが、最近の解体作業はエコ解体でなくてはなりません。

捨てればゴミ生かせば資源と言う言葉のあるように、リサイクルして再利用できるものについては手作業などで解体して、リサイクル工場に搬入して再利用してもらう様にしているのです。 リサイクルされて再び建築資材やそのほかの製品として生かされる製品も数多くあるのです。 これからの解体工事こそエコ解体でなくてはならないのです。

≪近隣トラブルを回避しつつ法令遵守するエコ解体≫

解体作業をする場合に近隣とのトラブルを無くして、各規正法を順守してスムーズに作業を進めるにはどの様にすべきでしょうか。

まず工事着工前に近隣に挨拶に回り、作業内容や工事期間などを説明して理解してもらう事です。 解体作業が始まったら近隣住民は当然の事、通行人や通行車両の安全まで十分配慮します。

そして騒音や振動に粉塵等の健康問題には特に注意して、解体用の重機についても低騒音で低排気のものを使用する事で近隣配慮とともに環境にも配慮した解体作業となります。

またリサイクル法に基づき再利用できるものについては、時間と経費は掛かりますが手作業で解体し分別して各リサイクル工場に搬入して、リサイクルして再び建築資材などとして利用できるようにするのです。

住宅のアルミサッシや木材にコンクリートそして畳他と、数多くの解体材がエコ解体されてリサイクルされ再利用されているのです。 これからの解体工事は隣近所や地域に配慮する事と、エコロジーやエコノミーを重視した、エコ解体で作業するべき時代になっているのです。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ