コラム

コラム | 作業環境への気遣いで結果に差がつくエコ解体

≪エコ解体とは一体何か≫

エコ解体と言う言葉が密かに流行っていますが、エコ解体とは一体なんでしょうか。

エコと言う言葉には2つの意味があります。
1つはエコノミーという意味です。

日本語にすると経済的という意味で、無駄をなくすことと言い換えられるでしょう。 例えば、住宅を解体したときに出た木材は、本来であればお金を掛けて廃棄物として処理をしますが、エコ解体の場合は廃棄物にはせずに、そのまま再利用をします。

これにより、廃棄する時にかかるお金を大幅にカットすることができ、その結果、施主は無駄なお金を払わずに済むのです。

もう一つのエコは、エコロジーです。
エコロジーは環境に優しいという意味です。

例えば、地球温暖化を防ぐための二酸化炭素の排出を減らすことや、作業環境もできるだけ森林や地球環境に配慮した作業になります。 作業環境としては、排気ガスの少ない重機を用いて解体作業を行っていきます。

また、できるだけ解体工事の時に起こる振動をなくすことで、その解体工事をしている周りの住人に迷惑をかけないように配慮するのです。

≪エコ解体の流れ≫

エコ解体をする場合には、どのような流れで進んで行くでしょうか。

まずは、解体工事をする前に見積りを行います。ここで、見積り額を出すと同時に、作業環境の確認を行います。

作業環境の中には、重機を用いることができない場合もありますし、隣の家と50センチぐらいしか離れていないので、足場の設置をすることができない場合もあるでしょう。 特に問題がなければ、そのまま解体工事の準備をします。

足場を設置する前には近所に挨拶回りを行います。 エコ解体で騒音や振動があまりでないとは言え、多少の騒音や振動は出ますし、前の道路の一部を塞いでしまう可能性もあるからです。

工事が始まり、慎重に作業を進めていきます。 できるだけ振動が出ない方法で解体をして、ほこりが舞わないように水をまきます。 壊して使える物は廃棄をせずに、リサイクルやリユースをしていくのです。

新しい家を建てるときに壊さないで欲しいものは、そのまま残しておくことも可能です。 これにより、解体費用を抑えることができます。 その結果、数万円の違いが出ることになるのです。

中京テレビ「キャッチ」に出演!! 7/4 午後6時15分~放送予定!!

お問い合わせは0523315220

スタッフ紹介のページへ

よくある質問のページへ

女性スタッフが伺います。

ブログ解体新書

解体マニフェスト

名古屋 解体工事|受付時間

平日
9:00~18:00
土・日・祝日
メールでのみ対応しております

名古屋 解体工事|休日

年末年始
お盆休み

このページのトップへ